2008年06月29日

国民年金保険料納付率低下。 

国民年金保険料の2007年度納付率が、社保庁が目標とする80%を大きく下回り、2年連続低下の64%前後になる見通しです。


普段、年金相談に接している私としては、「本当に大丈夫??」と真剣に思ってしまいます。


大丈夫?・・・というのは、制度そのものがもたない・・・という意味ではなく、納めておられない(事情があり、納めることができなくて免除等利用されている方を除く)方に関してです。

高齢になれば、色んな事情で働いて収入を得ることができなく可能性が高くなります。それまでに預貯金を蓄えていない場合、年金は大切な収入です。


今現在、高齢者の方の声に耳を傾け、「年金の大切さ」を知るべきだと思います。




野党を中心に年金制度改革が叫ばれています。

保険料方式から税方式に移行することが議論の中心になっています。ですが、今現在は「保険料方式」です。
もし、数年後(数十年後)に税方式の年金制度ができたとしても、長年保険料を納めてきた方との均衡を図るために、「保険料方式時代の納付歴」は絶対に加味されます。

つまり、将来税方式になったとしても、今現在保険料を納めていないと、納めている方と年金額で差がでてしまう・・・ということ。



将来の制度に関する議論は当然必要ですが、年金制度は日々動いています。納付している方としていない方とでは、毎月年金額に差がでているのです。



国と制度を批判する評論家や政治家はたくさんいますが、まず納付を呼びかけることが大事じゃないでしょうか。その上で制度の議論をするべきではないかと思います。


でないと、制度が新しくなっても十分な年金を受給できない方が減らない可能性もあるし、その方々を救済するために財政出動を増やさなければならない・・・・ことになると思います。



▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


公的年金に関するご相談は・・・・

なんやねん?年金? サポートのページ



公的年金の基礎知識については・・・・

link-logo2.jpg








posted by 橋本將詞 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogtop.jpg
本サイトが開きます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。