2008年09月17日

年金問題・・・あなただけのことではありません!

消えた年金

消された年金


年金問題・・・一段落もしていないうちに再燃です。


どちらのケースでも被害受けたのは被保険者・受給権者・・・国民です。



一連の問題の被害者は、あなただけではありません。
全国にたくさんの被害者がおられます。



国が・・・
社保庁が・・・
事業主が・・・


などと言ってはいられません。




たくさんの事例を蓄積させることが解決への道と考えます。
そこで当事務所では、被保険者・受給権者の皆さんに「消えた年金」「消された年金」に関する情報を募集します。


年金問題で苦しんでおられる方は、あなただけではありません。
解決された事例も含め、あなたの貴重な体験をご提供ください。



私に情報を提供することで解決するものではないかもしれませんが、情報を蓄積することで、他の困られている事例の解決に繋がる可能性もあります。



⇒⇒情報提供フォーム

◆◇▼▽●○◆◇▼▽●○◆◇▼▽●○◆◇▼▽●○

注1)年金相談ではありません。年金相談をご希望の方はコチラを⇒「なんやねん?年金?」


注2)情報の提供は、匿名で結構です。いただいた情報は、他の方へのアドバイスとして事例のみご紹介させていただくことがあり、また、事例として当事務所が主催する勉強会・事例研究等にてその研究材料にさせていただくことがあります。あらかじめご了承ください。もちろん、具体的な事業所名等は伏せていただいて結構です。

posted by 橋本將詞 at 15:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 年金手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
脱退手金受け取り済みと記録され受給権が消され調査依頼して5年目第三者委員会は、合同訴訟しか回復しない!と却下、ずさんな管理で起きた問題だけと言えない国による制度の問題“厚生年金法”の問題だとして救済基準では訂正出来ないと、さまざまな資料、証言を提出しても“判断の権限与えられていない”と却下する。殆どの請求は委任状の添付のない事業所の請求で厚生年金被保険者証に“脱”と印が押され本人確認の証としていた為、救済されない。本人が請求していた人の厚生年金被保険者証に“脱”印は無いのかもしれない人は、訂正される?脱退手当金受け取り済み記録前に別の事業所に勤め未請求の者しか訂正しない。申し立てた人は皆未請求で、訂正を求めている。行政による事実の隠ぺいがなされようとしている?
Posted by かりん at 2011年09月15日 11:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106701665

この記事へのトラックバック
blogtop.jpg
本サイトが開きます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。