2009年03月26日

ねんきん定期便が始まります

今年の4月より「ねんきん定期便」が開始されます。

送付対象者は、国民年金、厚生年金の被保険者で今年度以降毎誕生月に送付されます。


送付される内容は以下のとおり(社保庁HPより引用)


(平成21年度)
@ 年金加入期間
A 年金見込額
ア 50歳未満の方・・・ 加入実績に応じた年金見込額
イ 50歳以上の方・・・ 「ねんきん定期便」作成時点の加入制度に引き続き加入した場合の将来の年金見込額
※ なお、既に年金受給中(全額停止も含む)の方には、年金見込額はお知らせしません。
B 保険料の納付額
C 年金加入履歴
D 厚生年金のすべての期間の月毎の標準報酬月額・賞与額、保険料納付額
E 国民年金のすべての期間の月毎の保険料納付状況


(平成22年度以降)
<節目年齢時(35歳、45歳、58歳)の方々>
平成21年度と同じ内容(@ 〜E)の記録を更新してお知らせします。

<上記以外の方々>
上記@〜Bについて、記録を更新してお知らせします。また、上記D及びEについて、 直近一年分をお知らせします。


膨大な情報量です。
送られてくる詳細な内容・様式については下記のページから
http://www.sia.go.jp/top/kaikaku/kiroku/teikibin/soufu.html




しかも、オレンジ色の封筒で送られてくる方については「漏れ」や「誤り」がある可能性の高い方。(それ以外は、水色の封筒)

さらに、中に回答票が入っており、青い用紙が入っていた方は「漏れ」「誤り」がある場合・ない場合、どちらの場合も回答する必要があり、それ以外の白い用紙の方については「漏れ」「誤り」がある場合のみ回答してもらう。


特別便を含ませた内容となっています。


現在、今年度中に送付を完了した特別便の回答もまだの方がたくさんおられるようで、回答を促すハガキを送付しているようです。その上でさらに定期便発送が開始される。。

これは混乱するのでは???


ともあれ、定期便そのものについては被保険者の方の詳細な納付歴ということで歓迎すべきもので、これを機会に年金への関心が良い方に向いてくれることを祈ります。。

⇒⇒情報提供フォーム

◆◇▼▽●○◆◇▼▽●○◆◇▼▽●○◆◇▼▽●○

注1)年金相談ではありません。年金相談をご希望の方はコチラを⇒「なんやねん?年金?」


注2)情報の提供は、匿名で結構です。いただいた情報は、他の方へのアドバイスとして事例のみご紹介させていただくことがあり、また、事例として当事務所が主催する勉強会・事例研究等にてその研究材料にさせていただくことがあります。あらかじめご了承ください。もちろん、具体的な事業所名等は伏せていただいて結構です。




posted by 橋本將詞 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogtop.jpg
本サイトが開きます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。