2009年04月15日

年金制度をどうしたいのか。。。

こんなニュースが流れています。

「年金は、現役世代手取りの半分以下 政府公約守れず 厚労省が再計算」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090415-00000507-san-soci
(yahooニュース)

2月に行われた年金制度の財政検証で厚生年金の所得代替率50%が維持できるという試算について、厚労省が今回試算したところ50%維持の前提として国民年金納付率が80%にあがることが必要であるとし、実際の納付率である65%で試算したところでは50%を割り込むことがわかった。

というのが、記事の概要です。



50%を約束しておきながら、前提がくるったとしても割り込むことは批判されてしかるべきですし、そもそも「現役世代の50%」という数字だけが一人歩きしていた感があります。

また、国民年金納付率がここ数年65%程度で推移しているにもかかわらず、社保庁の目標値である80%を財政検証の試算数値として使用したことに疑問を感じざるを得ません。


ただ・・・・・

ただ・・・・・


私がこの記事を読んで思ったことは、この記事が事実であることは間違いないのでしょうが、年金制度をどうしたいのかということ。

この記事を読んで、国民年金を納付していない人が「あ、そんな深刻なことになっているのか・・・。俺が納めないことで年金給付額が目減りしてしまうのか・・・」と、これをキッカケに納めることになればよいのですが、単に政府の信頼を損なわせているだけのような気がしてなりません。



事実を報道・・・という点については正しいのでしょうが、単に見通しが甘かったことを批判するばかりでなく、納付率が80%になるように少しでも皆に呼びかけるなりそういう方向性があってもよさそうなもの。



年金制度は本当に大事な制度です。
皆が永遠に働いて自分で収入を得ることができるのであれば、年金制度なんていらないとも思いますが、そうではない。ほとんどの人が仕事を引退すると同時に定期的な収入は年金のみとなります。


年金制度そのものは政府のものでも官僚のものでもありません。
我々国民のものです。

我々が維持していかないと、我々に跳ね返ってくることになります。



元々、日本国内に住所を有する20歳〜60歳までの方は国民年金の被保険者で、納付する義務も課せられています。そもそも納付率は100%でないといけないのに、現在は65%しかありません。

制度の必要性を理解すれば80%までは当然に回復するものだと思います。




試算が甘かったのは事実ですが、それはそれ。
記事は事実を書いたまで。


納付率が上がり、甘い試算が現実になる(所得代替率50%が維持できる)かどうかは、皆が納付するかしないか・・・・です。



⇒⇒情報提供フォーム

◆◇▼▽●○◆◇▼▽●○◆◇▼▽●○◆◇▼▽●○

注1)年金相談ではありません。年金相談をご希望の方はコチラを⇒「なんやねん?年金?」


注2)情報の提供は、匿名で結構です。いただいた情報は、他の方へのアドバイスとして事例のみご紹介させていただくことがあり、また、事例として当事務所が主催する勉強会・事例研究等にてその研究材料にさせていただくことがあります。あらかじめご了承ください。もちろん、具体的な事業所名等は伏せていただいて結構です。



posted by 橋本將詞 at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogtop.jpg
本サイトが開きます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。