2006年11月22日

パートの国年、天引き検討。。

こんな記事が掲載されていました。

以下、抜粋(yahooニュース)
厚生労働省は22日、パートの給料から保険料を天引きして納付してもらう方法の導入を目指す方向で検討に入った。

給料からの保険料天引きは、パートの未納対策の一環だ。

 ただ、国民年金保険料の納付は、本人の問題で、企業には直接関係がない。パートが保険料納付の必要がないサラリーマンの配偶者(3号被保険者)かどうかの確認など、企業の事務作業の増加につながるため、実現していない。

以上、抜粋



う〜〜〜ん、会社の事務作業の負担は大変になりそうですし、国年法88条の納付義務者はあくまでも被保険者。納付義務者が会社である厚生年金とはワケが違います。

だいたい、天引きしたとして預かった保険料の納付義務は誰が??
天引きされて会社に預けている段階でも納付義務者は被保険者??

ちょっと無理がありそうに思います。。。
posted by 橋本將詞 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28027756

この記事へのトラックバック
blogtop.jpg
本サイトが開きます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。